串本は、紀伊山地を背に潮岬半島が雄大な太平洋に突き出した本州最南端の町です。

本州最南端の地、潮岬は北緯33度26分、東経135度46分。これは、東京の八丈島とほぼ同緯度に位置します。

本州最南端の潮岬

茫々たる太平洋に面し、東西に長く延びた海岸線はこの地方の特色であるリアス式海岸で、奇岩・怪石の雄大な自然美に恵まれ、吉野熊野国立公園及び枯木灘県立自然公園の指定を受けています。

海と山の美しい大自然に囲まれた串本町は、フィッシングやスキューバーダイビング、シーカヤックのメッカとしても知られており、夏には多くの人たちが海水浴にも訪れます。